2011.06.25 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.11.27 Monday

よ〜く考えよー

「日本にあるガソリンスタンドの数を数えよ」

有名な問題。
酷評お願いします、バイザー、うえはさん、づ。
==============================
まず本邦においては都道府県においてばらつきがあると考えられますが
車の数とガソリンスタンドの数は比例すると考えます。

まず1つのガソリンスタンドを1日で何台の車が利用するかを考えると
・ガソリンスタンドの平均営業時間8時〜20時(予想)
・給油スタンドの数6個/ガソリンスタンド
・給油間隔1台/15分
以上より
一日にガソリンスタンドのくる車の数は
12時間÷15分×6個=228台
と仮定します(仮定A)

次に本邦における車の数を数えましょう
まず考えるに国内には
・個人登録の車
・法人登録の車
があります。
その他にもありそうですが今回は目をつむるとしましょう。

まず個人登録の車の台数ですが
国内での個人における車の所有台数のばらつきはありますが
(たとえば東京は少なく、地方は多い)
ここでは全体のバラツキをなくし、だいたい均一に所有しているとして・・・
日本の人口1億3000万にのうち車を運転できる資格がある人間(つまり免許を持っていて運転する機会のある人間)は18才〜65才と仮定します
だいたい国民の3分の2とし、約8000万人(集団A)。
このうち全員がマイカーを所有しているとは考えにくいので
ここで1世帯における所有台数について考える・・・
日本におけるモデル家族を4人家族とした場合
平均1台以上持っている可能性が高いが、2台までは持っていないだろうという
曖昧な観測より1世帯につき1.5台持っているとする
このモデル家族のうち集団Aに所属しているのは2人と考えると
集団Aが所有しているのは8000万×2分の1×1.5台=6000万台
よって個人所有の車の数は6000万台とします

次に法人登録の台数ですが
交差点での観測より、通過する車の4台に1台が営業車とします
よって法人登録の車の台数は2000万台。

以上より国内の車の数は8000万台となります

ここで仮定Aをひっぱてきて
8000万÷228=35万

よって国内にあるガソリンスタンドの数は35万であると推察します
==============================
いろいろ無理矢理でしたね
数えよ系はむずかしいです

正解はウィキってみてください
7倍も差があったよorz

2006.11.20 Monday

ケーススタディ1

寝れないのでケーススタディでもときます

「田舎のある釣堀の年間売上が半分になってしまいました.その釣堀の売上を元に戻す提案を行ってください」

まずはじめに確認しなければいけないのは現状の売り上げが過去の半分になっているということ。
つまり売り上げを倍にすることは未体験ゾーンに挑戦するのではなく、過去に収益を上げることができた数字までひきあげるということを意味します。

売り上げ=顧客数×顧客単価
ですから、単価を変えてなかったとしたら、この釣り堀は顧客数が単純に半分になっていることが考えられます。

ここで、この釣り堀の経営者&従業員は以前と同じ人物で、今の倍の売り上げを上げていたときと同じ情熱で仕事にとりくんでいると仮定します。「仮定A」
また売り上げを「経常利益」ではなく、純粋な年の売り上げとします。

まずはじめに売り上げが減少してしまった原因について考えたいと思います。
ゞス腓垢訛召猟爐衙or他の娯楽施設ができた
田舎という土地柄が悪い
施設やイメージの老朽化
じ楜劼猟爐衙戮悗離法璽債祺
がぱっと思いつきます。

まず◆↓い任垢
田舎で釣り堀をするぐらいなら渓流釣りをしたほうが自然を満喫できるし、良いというファミリーが多いと考えることもできますが
「以前、現在の倍の売り上げを上げていた」状況を考えると釣り堀へのニーズは現在でもあると考えられます。

そして
これは可能性としては大なのではないでしょうか?
水槽などは水があるためきちんと管理していないとすぐに汚くなってしまいます。
ですからこの釣り堀は現在の売り上げを考えるとリフォームをする必要があります。


これはやっかいです。もしこの釣り堀にないようなサービスなどを提供する釣り堀。
または他の娯楽施設ができたとしたら、これに対抗して何かを差別化化して行かなくてはなりません。
今までにないサービズをしなければなりません。
ここで考えられる方法としては
壱、効果的な広告をうつ
弐、他とは違うサービス
です。

壱については現在グーグルアドセンス、オーバーチュアが費用対効果が優れているので。
ホームページを作成し、前記のような広告を打ち出すと良いでしょう

弐については、他と差別化するという意味で、お客様釣った魚をその場で調理できる場所をつくったらどうでしょう?
このことによって釣り堀にくる客のそうにファミリーが増え、顧客数が増えるでしょう
また、釣り大会のようなイベントを催しても良いかもしれません。


以上のことから私は以下の4つことを提案いたします
・リフォームをする
・ホームページをつくりクリック保証型の広告をうつ
・釣った魚をその場で食べていただくような簡単な調理場をつくる
・釣り大会などの催し物を開催
これで売り上げは現在の倍になります?
==============================
はぁ〜、頭疲れた。
読み直すといろいろロジックが破綻しているな、こりゃ
つっこみ大歓迎です

特にうえはさん、バイザー君
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM