2011.06.25 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.06.06 Saturday

【本】俺的2009ノンフィクション部門大賞決定

 脳

2009年俺的ノンフィクション部門大賞受賞作品が決定しました。

単純な脳、複雑な「私」by池谷裕二

これは最高に読んでいてエキサイティングしちゃいます。
脳ってすごいな〜
脳って意外とおちゃめだな〜。
って。

また動画特設サイトにもあるようにパラパラ漫画がついていたりと新感覚で好奇心をガンガンに刺激してくれる本になっております。
「鹿威しのフィードバック」のパラパラ漫画なんて驚愕の結果が待っていますよ。

この本は基本的に講義録という形をとっていますので、あとで内容をまとめて復習しなければと。それぐらい価値があります。

超超超オススメ!!
2009.02.12 Thursday

[本]「知の衰退」からいかに脱出するか? by大前研一

ネーミングがいまいちすぎて読む気になれなかったのですが
amazonでのレビューの評価があまりに高いのと、この前著「マネー力」が面白かったので購入。

いやはや面白い!
お得意の政策提言物(それでも凄い数の提言をしています)とはちがって読みやすいし、論調がズバズバしていて気持ちいい。

内容的には「しっかりと自分の頭で考えないさい。」って事がいろんな事例をまじえて書かれています。

以下は感じたことや、思ったことダラダラと・・・

■なぜかアジアから学ぶことを嫌がる日本人
ひどく同感です。
これはメディアが良くないと思うんですが、そんな傾向ありますよねぇ?
メディアは彼らのマイナスイメージばっかりとりあげすぎな気が。
例えば、何か中国や韓国、台湾で成功があっても「中国のくせに!」みたいな感情が日本人は起き上がってきてしまう訳ですよ。
よくないと思いつつも、恥ずかしながら私は感じてしまいます。
未だに父は「バ●チョン」って単語を使いますし。
でも優秀な人がたくさんいるって現実は直視しないとです><
サムスンの入社条件にTOEIC900点ってのがビックリ!
確かにダンス友達の中国と台湾の方はめちゃくちゃ優秀。

■必要以上に外資メーカー(とくにファンド)を嫌がる傾向の件
日経平均が15,000円ぐらい下がったのは海外マネーが国外に流出しただけで、日本の経済の実力はいまぐらい正常だから、焦るのはおかしいって話もかなりうけた。
それを間髪いれずデータで示すあたりが、さすが大前氏

■税金に関して
氏の「相続税を廃止して、資産税と付加価値税にまとめる」って政策は是非誰かに実現して欲しいです

■21世紀、3種の神器「英語、ファイナンス、IT」について
すいません。どれも持ち合わせていません。
いわゆるジャンプ世代は救いようがないってのも、まさしく自分たちが言われているようで、ごめんなさい><って気持ちに

■SNSアゴリアについて
あぁ、私も参加したい。だれか紹介してください

全体を通して感じたのは
大前さんは日本のことをけちょんけちょんに書いてますが、きっとこの人は日本が大好きなんだろうなって感じました。
こういう人が政治家になってくれたらいいのに!

結果的に「大前研一通信」を購読することに決定いたしました。
そのかわりファッション誌はこれから立ち読みにします。
2007.11.18 Sunday

ピンチョン

最近本を読んでないぁ
ピンチョンを読もうと思いAmazonしちゃいました

ってアメリカ文学部生気取りです。
たぶん意味がわからないんだろうなぁ
20世紀最大の謎の作家「ピンチョン」要チェックですね★
2006.10.07 Saturday

2006.10.7本読んだ

医療崩壊/小松秀樹
「頭のいい人」はシンプルに生きる/ウエイン・W・ターナー
「のび太」という生きかた/横山康行
「人たらし」のブラック心理術/内藤誼人
世界No,2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本/和田裕美
自分を好きになれば、人生はうまくいく/本田晃一
ユダヤ人大富豪の教え/本田健
ユダヤ人大富豪の教え2/本田健
スピリチュアルオーラブック/江原啓之
夜のピクニック/恩田陸
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本屋大賞の本は結構おもしろいことが判明
2006.09.16 Saturday

20006.9.16読書感想

ザ・マインドマップ/トニー・プザン
幸せ成功力を日増しに高めるEQノート/野口嘉則
ビームスの奇跡/山口淳
生き方/稲盛和夫
生きがいの創造/飯田史彦
世界の日本人ジョーク集/早坂隆
私を離さないで/カズオ・イシグロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海外の小説を日本語に訳したやつってけっこう苦手なことが多い。
まず登場人物が外人な名前だから把握しにくいし、そもそも性別がわからいことがあるなんてザラだ。

最近思うのは本も10買ったら1冊面白いのがあればラッキーなスタンスでいないとやってられないって事
そのあたりはCDのジャケ買いと似ているな
芸術系全般がそうなのかもしれない、写真、絵、映画etc...
なんて不器用な吸収の仕方なんだ。。。
高倉健みたいでかっこいいってことにしよう
2006.09.04 Monday

読書の秋をさきどり

ターン/北村 薫
リセット/北村 薫
続・道をひらく/松下幸之助
脳の中の幽霊/V.S.ラマチャンドラン
エブリデイジーニアス/ピーター・クライン
博士の異常な健康/水道橋博士
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下は備忘録、つたない読書感想文
■脳の中の幽霊
僕の貧相な脳みそではこの本の大部分を理解できませんでした
でも実験に基づいて書かれてるので、盲点のクオリアでの穴埋め作業とかはけっこう面白かったです。
つまりその部分は面白いと思えるぐらい理解できたのかもしれない。いやできてないな
そういえばクオリア、クオリアってひたすら言ってる茂木健一郎はaha!なんてポップな感じで露出してるけど、実はけっこうすごいヤツなんじゃないか?

■エブリデイジーニアス
・ボール・トス
・シンク&リッスン
・褒めあいゲーム
・感情表現スキット
・ゴー・ラウンド、グッド・ニュー

■博士の異常な健康
・ファスティング
・胎盤エキス
・加圧式トレーニング
興味あり、でもどれもお金がやたらかかる><
健康はお金で買う時代なのかしらねぇ
2006.08.22 Tuesday

CLAZZ部

i-depのライブは人数が集まりました
まぁ一人ドタキャンするだろうから3人で行く事になるのかな?
いまから楽しみだ!!いひひ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近読んだ本
・「地球大予想供廛ーケストラ指揮法/高木善之
・トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦◆船札シープロジェクトで差をつけろ!
・トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〜知能販のプロになれ!
・本を読む本/M.J.アドラー、C.V.ドレーン
・10歳から起業すると決めいていた/鶴岡秀子
・博士の愛した数式/小川洋子
・FINE DAYS/本多孝好
・スキップ/北村薫
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
BGM♪
No Reason No Rhyme/Sunaga t Experience
さすがレコード番長センスいいぜっ!!
2006.08.03 Thursday

記録

脳と心の洗い方/苫米地英人
「勝負強さ」をきたえる本/ジョン・C・マクスウェル
佐賀のがばいばちゃん/島田洋七
キッチン/吉本ばなな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■キッチンの中での「ムーンライト・シャドウ」という短編はとても「今の」ワタクシには衝撃的でした。
ちょっとした転機になりそうです。
やるなぁバナナ

■マクスウェルさんはこの手の本ではなかなか面白いと思いました。

こう書いていて小学校の夏休みの宿題で一番嫌いだったのは読書感想文だった事を思い出す。
見て見てこの文才が微塵も感じられない文章!
2006.08.01 Tuesday

アマゾン貧乏

Amazonってあれですね。クレジット番号記憶してくれるから調子にのってしまいますね。恐ろしい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CDと本には極力お金に糸目をつけないようにしてます。
CDは数きかないと自分の好きな音源にたどり着けないので←→数聞けば当たる
本は自分への投資

でも貧乏な僕は
CDはituneに取り込んだらヤフオク or Disc Union
本は読み終わったらブックオフへ
という感じでございます

んなもんで本は手元に残らないのでせめて題名、著者名ぐらいはblogにひかえておこうかななんて。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
道をひらく/松下幸之助
トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦.屮薀鵐豹佑砲覆譟/トム・ピーターズ
なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?/小堺桂悦朗
空中庭園/角田光代
2006.07.15 Saturday

ナンコヤよ永遠に。。。

中学の同級生と呑んだ、なんと9年ぶり。
もう会話がウルトラローカル&懐かしすぎる!

全然変わってない部分と、すごい大人になってる部分とのイリュージョンでとても楽しい時をすごしました。
けっこう現実的にいろんな事を考えてる方で、すごいなぁ。と
俺もがんばるよー。


〜最近読んだものとか〜
・人は見た目が9割/竹内一郎
・ZOO1・2/乙一
・徳川将軍家15代のカルテ/篠田達明 ←超つまんない
・御社の営業がダメな理由/藤本篤志
・爆笑問題のそんな事まで聞いてない/爆笑問題
・陰日向に咲く/劇団ひとり
・自分を磨く方法/アレクサンダー・ロックハート
・仕事は掛け算/鮒谷周史
・貝と羊の中国人/加藤徹
・きっと、よくなる!/本田健
・蛇にピアス/金原ひとみ  ←激エロ文学
・いわゆるA級戦犯/小林よしのり
・ナイフ/重松清

いわゆるビジネス、自己啓発系の本って題名がちょっと恥ずかしいよね
でも基本的にコンプレックスの塊なんで自分

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM